ブログBLOG

メールマーケティングに理解必須な「特定電子メール法」とは?

2019/7/01 月曜日

近年のマーケティングオートメーションの中でもメイン機能となっている「メールマーケティング」は施策の中で重要度が見直されてきています。
多くの大手企業が施策のデジタル化対応、オートメーション化に取り組み始めてきている中で、メールなどの送信について法律で規定されている「特定電子メール法」について解説していきます。
「特定電車メール法」とは??
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」を指し、「特定電子メール法」または「迷惑メール防止法」ともなどとも呼ばれます。平成14年(2002年)より迷惑メールを規制するために施行された法律です。平成20年 (2008年) 1月通常国会において、
・従来のオプトアウト方式に替わるオプトイン方式の導入
・法の実効性の強化
・国際連携の強化
などを盛り込んだ現行の法律改正案が提出され、同年12月1日から施行されています。
法律違反するとどうなるのか?
最悪の場合「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金)」が課せられることもあります。
どんなメールが法律違反の対象となるのか?
広告又は宣伝を行うための手段として送信するメール全てが対象となります。
法律違反しない為にどうしたらいいのか?
1.送信者の情報を明記する
2.従来の「オプトアウト」と「オプトイン」に対応する
オプトインとは?
あらかじめ対象となる宣伝メール等が送られる事を知らせる事と、それに対しての承認をもらう行為アプトインと言います。よく見かけるのがお問い合わせフォームでの同意です。
オプトアウトとは?
対象のメールを送信する一連の行為の中で、「メール受信を望まなくなった」段階で「配信解除」や「メールブロック」などがスムーズに出来るような導線をオプトアウトと言います。
また、「名刺交換した場合」や「取引先にあたる場合」はこの法律には該当しません。
いかがでしたでしょうか?
情報を受け取るユーザーの気持ちになってしっかり対応していれば、新たなビジネスチャンスの創出に繋がるかもしれません。
取り組まれている方は、今一度自社の取り組みを見直してみてはいかがでしょうか。
永井